FC2ブログ

年 少 ♩

暑い日が続きますが、汗をかきながらも毎日元気に遊んでいる年少組のお友だち!
生活の流れも身に付きはじめ、自分たちで朝の身支度や給食の準備を一生懸命頑張っています(#^.^#)

5月の製作帳では“てんとうむし”を製作しました。切ってある画用紙をのりで貼り、クレヨンで目や模様を描きました。とても集中して取り組んでいた子どもたち。一人ひとり個性があり、とても良い作品となりました✨

保育室の後ろに飾ってありますので、保育室に来た際はぜひ、ご覧になってみてください☆

190527_01.jpg
190527_02.jpg
190527_03.jpg
190527_04.jpg

灌 仏 会

今日は新緑栄える素晴らしい快晴のもと、本堂にて月遅れの「花まつり」が行われました。

160名程の園児が皆手を合わせ、「おまいりのとなえ」を唱えました。

少子高齢社会・人口減少社会・限界集落・地方都市消滅等叫ばれる寂しい限りの昨今、新たなる時代「令和」を迎え、21世紀を背負って立つ子どもたちのために、精進してまいりたいと思います。

20190508_01.jpg
20190508_02.jpg
20190508_03.jpg
20190508_04.jpg
20190508_05.jpg

◇◆一言法話◆◇

この時期、各地では、お釈迦様のご生誕を祝う釈尊降誕会(花まつり)が開催されます。
お釈迦さまは、今からおよそ2500年前、現在のインド国境に近いネパールの地、ルンビニーの花園でお生まれになりました。
日本最古の開催は、日本書紀によれば、推古天皇14年(西暦606年)4月8日に元興寺で催された斎会とされ、以来約1400年の歴史があります。
伝説では、お釈迦様が誕生された時、龍が甘露を降らせてご生誕を祝い、この甘露がお釈迦様の産湯として使われたとされます。
荘厳された花御堂の中で、甘茶を満たした灌仏桶の中央へ安置したお釈迦様の誕生仏像に、柄杓で甘茶を掛けてお祝いするという、灌仏会とも呼ばれる風習は、この伝説に基づいたものです。
この永きにわたり受け継がれてきた降誕会を機縁として、お釈迦さまの誕生をお祝いすると同時に、「かけがえのない命の尊さ」に改めて眼を向け、私たち一人ひとりが正しく生きることをお誓いする日にしたいものです。

(曹洞禅メルマガより引用)