FC2ブログ

設置者・園長 研修会

1/22(金)宇都宮ホテルニューイタヤにて、「明日にむけて幼稚園の振興を考える」を研修テーマとし、設置者・園長 研修会が行われました。
「保育教諭等資格取得支援事業」「事故、災害等の状況報告」など、様々な演題がありましたが、最も興味深く拝聴したお話は、公益財団法人 全日本私立幼稚園幼児教育研究機構 理事長の田中雅道先生の「幼児教育振興法について」でした。
認定こども園化、幼稚園教育要領の改訂に向けての背後にある「新たな学力観≒OECDが提案している問題解決型能力≒メタ認知能力・非認知能力」を説明するにあたって、ハーバード大学のベン・マーデル教授の研究をご紹介されていました。
マーデル教授は、五歳児がごっこ遊びを通して"自分の意見をどう伝えているか"、"相手の意見をどの程度聞いているか"、そして、"自分の意見と相手の意見のどのあたりに妥協点を見出して遊びを深めているか"ということをビデオ分析研究し、発表されています。
こうした能力は幼稚園時代の遊びを通して育成される、という視点が、先進諸国の常識として広がっているとのことでした。
幼児期にこのような学びを経験するための良い環境づくりをしっかりしていかねばならないということを再認識させられました。

(主事)


20160122.png